6/3開催★第22回 実践から見えるミクロとマクロの看護学研究の視点と社会実装

第22回学習会◆実践から見えるミクロとマクロの看護学研究の視点と社会実装

看護学は個を大事にする実践的学問領域でありながら、その看護的営みに広く一般化できる強い根拠を付けるということも課せられています。Society 5.0 時代における人工知能(AI)がヘルスケア領域でも存在感を増す中で、AIとどのように共存すべきか。これまでビッグデータ分析から質的研究まで実施してきた経験から、エビデンスを構築する義務の中で個を大事にするために、看護学の研究はどのような方向に進むのかについて考えたいと思います。

詳細

日 時 2022年6月3日(金) 18:00~19:30(質疑応答込)
講師 大阪大学大学院 医学系研究科保健学専攻
看護実践開発科学講座 准教授
山川 みやえ 氏
参加費 無料
申込み アカデミア看護研究会に会員登録(無料)していただき、お申込みください。
準備ができ次第、事務局からZOOMのURLをご連絡いたします。

印刷用PDF:【6.3開催】第22回学習会のご案内.pdf

アカデミア看護研究会の活動のご紹介

定例会

隔月 第1金曜日 18:00~19:30  隔月①学習会、②支援会を交互に開催いたします。
※2022年4月から開催時間を変更いたしました。開始時刻を18:00とし、質疑応答を19:30までといたします。

①学習会

労務管理、人事管理、人事考課、労務環境と身体との関係、医療現場のICT化の最先端情報、医療現場のAI化の最先端情報海外事情の他、リベラルアーツの学習や本の読み方など、多彩な講師陣を予定しております。

②支援会

会員からの研究に関する報告への個人的意見を好き放題、言いたい放題!ご助言していただきながら、現場のご意見として、研究に反映させよと考えております。或いは、会員の皆様から、もしも、こんなこと研究したいけれど…というご希望があれば、それについて、クリニカルクエスチョンをリサーチクエスチョンにしていくためのinspireする場にしたいと考えております。
なお、本会では、研究をしたいけれど、研究費をなかなかゲットできない臨床の看護師さんたちへ、賛助会員である企業様からのご支援により、年間数万円の研究補助費がございます。研究補助費に関しては、後日詳細を研究会内でご紹介いたします。

上記、①、②ともに、参加資格:アカデミア看護研究会に登録していただき(無料)、URLにてZOOM参加となります。

以上

お申込みはこちら

●ご氏名(必須)

●勤務先(必須)

●所属(必須)

●お役職(必須)

●所在地(郵便番号・住所)(必須)

●お電話番号(必須)  ※半角数字でご記入ください(例: 03-0000-0000)

●FAX  ※半角数字でご記入ください(例: 03-0000-0000)

●e.mail(必須) (※半角英数字でご記入ください。)

↓ご同行参加者様がいらっしゃる場合は、引続き、ご参加者の情報をご記入ください。

ご同行参加者

●ご同行参加者ご氏名・ふりがな (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●所属 (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●お役職 (同行者がいらっしゃる場合は必須項目)

●その他ご質問等はコチラに

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて送信ボタンを押してください。